授乳ブラ

授乳ブラは何枚いるの?汚れる時の洗濯方法を保健師が詳しく解説☆

 

今回の記事では、授乳ブラは何枚くらい必要なのか?汚れるの?という疑問について、また洗濯方法についても詳しくご紹介していきます。

 

あなたは授乳ブラをいざ購入しようとしたとき、何枚くらい必要になるのか疑問に感じたことはありませんか?

また、授乳期は母乳が作られるためブラジャーが汚れてしまうのではないかと心配になりますよね?

 

そんな疑問や心配事を踏まえて、今回は授乳ブラを清潔に保つための洗濯方法についても併せてご説明していきます!

あなたの疑問を解決できるよう詳しく説明してきますので、授乳ブラについて気になる場合はぜひ読み進めてみてくださいね!

 

 

授乳ブラは何枚?どのくらい必要なの?

授乳ブラは何枚?どのくらい必要なの?

 

授乳ブラは何枚くらい用意しているといいのかについてご説明していきます。

これから出産準備をする場合、産院から準備しておくように言われていませんか?

岬(みさき)
岬(みさき)
産科に入院する時の準備品リストにも授乳ブラって書いてあって、何枚持っていくといいのかわからなかったんです。

 

授乳ブラは、洗い替えも含めて3~4枚準備しておくと安心です。

授乳ブラは、少なすぎると洗濯できなかった際や母乳で汚れてしまった際に足りなくなる可能性があります。

特に、冬場は洗濯物が乾きにくくて大変ですよね。

また母乳の出がいい場合、こまめに交換が必要となるため予備の授乳ブラがあると安心です。

ねね先生
ねね先生
出産前に3枚ほど準備しておいて、出産後実際に母乳育児をしてみて、自分に合った授乳ブラを買い足すのもいいわね!

 

 

授乳ブラは汚れる?臭いはどうなる?

授乳ブラは汚れる?臭いは?

 

授乳ブラは汚れるのかどうかについてご説明していきます。

普段つけている下着が汚れるかどうか、気になりますよね?

ここでは、どんなときに汚れやすいのか、そして臭いについて説明していきます。

岬(みさき)
岬(みさき)
授乳ブラはどんなときに汚れやすいのですか?

 

 

ママが寝ている間に母乳が出る

夜眠っていて朝起きると、ブラジャーやパジャマがびっしょり!という経験をするママもいます。

ママが眠っている間に母乳が作られ、おっぱいが張って母乳が漏れてしまうということがあります。

 

授乳中、反対側のおっぱいから母乳が出る

赤ちゃんがおっぱいを吸うと、ママの身体では「オキシトシン」というホルモンがでて母乳が押し出されます。

不思議ですよね~!

そのため、授乳をしていると反対側のおっぱいから母乳が溢れ出てくることがあります。

 

授乳中、赤ちゃんの口から垂れる

赤ちゃんがおっぱいを飲むとき、まだ上手にごっくんと飲めなかったり咥えることができなかった際に、母乳が口から垂れてくることがあります。

 

母乳の出がいい

母乳の出がいいことは、とてもいいことです。

しかし、ママは下着や服が母乳で汚れてしまうことがあります。

 

岬(みさき)
岬(みさき)
母乳で下着や服が汚れてしまった時の臭いが気になります。
ねね先生
ねね先生
母乳の臭いの原因について説明していくわ!

 

次に、母乳でよごれてしまった際の臭いについて説明していきます。

母乳は血液から作られているため、成分独特の臭いがあるのが特徴です。

また、母乳にはたんぱく質や脂質などたくさんの栄養素が含まれていることも臭いの原因と言われています。

特に、衣服に母乳が付いて時間が経つとさらに臭いがきつくなります。

母乳というと、甘くていい匂いのイメージがある反面意外ですよね!

 

岬(みさき)
岬(みさき)
清潔に保たないといけないわね!

 

 

授乳ブラの洗濯って?頻度や乾きやすさは?

授乳ブラの洗濯って?頻度や乾きやすさは?

 

次に、授乳ブラを清潔に保つための洗濯方法についてご紹介していきます。

母乳の汚れや臭いをしっかり落とすためには、ちょっとしたコツが必要なんです!

 

岬(みさき)
岬(みさき)
授乳ブラを洗濯するときって、普通のブラジャーと何か違うことがあるのですか?
ねね先生
ねね先生
先輩ママの声と対策をまとめてみたから参考にするといいわ!

 

先輩ママの授乳ブラの洗濯について、困った点をまとめてみました↓

< 先輩ママの声 >

  • 母乳独特の臭いがブラジャーに残って困った
  • 母乳で汚れたブラジャーが黄色くシミになった
  • 母乳の出がよくて、1日に数回ブラジャーを替えた
  • 1日に何回もする授乳で使い込んでいたらヨレヨレになってしまった

 

母乳で汚れてしまうと大変なんですね~!

しかし、母乳の汚れの特徴に合わせて対策を行えば大丈夫です。

安心してくださいね☆

 

授乳ブラの洗濯ポイント

先輩ママの声を参考に、汚れてしまった際の洗濯のポイントをご紹介していきます。

 

母乳独特の臭い・汚れを消すポイント

重曹を使って洗濯をすることがおすすめです。

重曹は、赤ちゃんの肌にも優しく、かつ臭い・汚れをしっかりと落としてくれる効果があります。

界面活性剤などが含まれている合成洗剤や漂白剤は、まだ肌の弱い赤ちゃんに直接触れると肌トラブルの原因になる可能性もあります。

 

重曹は、通常の洗濯にカップ1杯ほどプラスしたり、臭いや汚れが特に気になるときはぬるま湯で作った重曹水(水200mlに対し小さじ1)で約30分ほど漬け置きをしてから洗濯すると効果が上がるのでおすすめですよ!

 

洗い替えを準備しておくポイント

先ほどご説明したように、母乳で汚れて交換したり、冬場は洗濯物が乾きにくかったりと予備の授乳ブラを準備しておくことが大切です。

余裕をもって3~4枚ほど準備するといいでしょう。

 

よれ(ダメージ)を防ぐポイント

大切な授乳ブラを長く使うために、数枚授乳ブラを準備しておくこと以外には洗濯ネットを利用することが大切です。

また余裕があれば、手洗いで洗うとより長く綺麗に保つことができます。

 

授乳ブラの乾きやすさ・洗濯の頻度

次に、授乳ブラの乾きやすさ・洗濯の頻度について説明していきます。

授乳ブラの乾きやすさに関しては、通常のブラジャーや洗濯物と特に変わりはありません。

洗濯の頻度に関しては、長時間汚れた授乳ブラを放置しないことがポイントです。

長時間放置しておくと独特の臭い・汚れが落ちにくくなるため、すぐに洗濯できない場合はさっと水洗いしておくといいでしょう。

 

今回のまとめ

 

今回は、授乳ブラは何枚必要なのか?汚れるのか?そして洗濯方法についてご紹介しました。

 

授乳ブラはママの母乳の出がよかったり、赤ちゃんの口から垂れてきたりと、汚れることが多いことも特徴です。

そんなときのために、母乳で汚れてしまったり洗濯物が乾かなかったりした際に、3~4枚ほど授乳ブラを準備しておきましょう。

そして洗濯の際には、重曹を使うと汚れが良く落ちます。

 

赤ちゃんが産まれると赤ちゃんのお世話で大変なことが多いですが、洗濯のポイントを覚えて是非活用してみてくださいね!

ママと赤ちゃんが笑顔で母乳育児ができるためのヒントになると幸いです。

 

ABOUT ME
みゆり
保健師として約6年間企業にて勤めておりました。現在は1歳の子供を子育て中です。赤ちゃんが大好きです☆自身の子育てや看護師・保健師としての専門的な知識を活かしながら母乳育児についてお手伝いできればと思い、記事を書かせていただいております。どうぞよろしくお願いいたします。