母乳の知識

授乳中の風邪で産婦人科は?胸が痛いときや妊娠についても【母乳ママ必見!】

この記事では、授乳中に風邪をひいたときは何かを受診したらいいのかについて、授乳中の風邪で胸が痛いときの原因についてや対処法について、また、授乳中や妊娠中に風邪をひいたときはどうしたらいいのかについて詳しく説明していきます!

授乳中のママは赤ちゃんのお世話で忙しいので十分な睡眠をとることができず、抵抗力が弱くなって風邪をひきやすくなってしまうものです。
私自身も授乳中は何度も風邪をひいてしまいました。
そして、なかなか風邪が治らずにしんどい思いもたくさんしました(;-;)
ママの体がしんどいと、余裕をもって赤ちゃんと接することができなくなってしまうので、赤ちゃんのためにもママが元気に過ごすことが何よりも大切です☆

授乳中は風邪薬を飲んではいけないと我慢していませんか?
実は、授乳中でも薬を飲むことができます!

授乳中の薬や風邪について知ってもらいたい情報をたくさんのせています(^^)
一つの知識としてぜひ覚えておいてくださいね☆

 

風邪をひいたら授乳はできない?赤ちゃんにうつる?

風邪をひいたら授乳はできない?赤ちゃんにうつる?

大切なことなので結論から言います。
風邪を引いたママの母乳を飲んでも赤ちゃんに風邪がうつることはありません。
風邪をひいていても授乳はやめないでください!
これから、授乳をやめないでほしい理由を詳しく説明していきますね☆

まずは、風邪やインフルエンザの感染経路主に2つです。

  1. せきやくしゃみで飛んだウイルスが喉や口、鼻に入り込む(飛沫感染)
  2. ウイルスが付いたものを触った手から口や鼻に入る(接触感染)

です。
母乳からではなく、ウイルスがついたママの手から感染していくのです。

母乳には風邪を予防する免疫物質や抗体などがたくさん含まれているので、赤ちゃんも母乳を飲んでいると風邪などの症状を軽くしてくれる可能性もあります。
母乳をやめてしまうと乳腺炎になる可能性が高くなるので、赤ちゃんに触れるときは手洗いをしっかりして赤ちゃんに風邪がうつるのを防いでいきましょう!

岬(みさき)
岬(みさき)
風邪をひいたら、赤ちゃんと離れないといけないと思っていました。
ねね先生
ねね先生
赤ちゃんに風邪をうつさないために、手洗いとうがいでしっかり予防してあげるのよ!

乳腺炎についてはこちらで詳しく説明しています。

授乳のしこりが上側に!痛くないときは?痛いときについても この記事では、授乳のしこりが上側にできたときの原因と対処法についてと、しこりが痛いときや、痛みがないしこりについてもくわしく説明...

 

授乳中の風邪で産婦人科って?診てくれるの?

授乳中の風邪で産婦人科って?診てくれるの?

授乳中や妊娠を考えているときであれば産婦人科でも診てもらます。
内科や耳鼻科でも診てもらうことはできますが、その時は授乳中であることをしっかりと伝えてください。
授乳中に飲んでも問題のない薬を処方してくれます(^^)
そして、赤ちゃんも風邪をひいたときは小児科でママも一緒に診てくれる病院もあるので、受診前に確認をするといいでしょう(^^)

 

授乳中の風邪で胸が痛いのは?考えられる原因は?

授乳中の風邪で胸が痛いのは?考えられる原因は?

授乳中に風邪をひいて発熱しているのだと思っていたら、なぜか胸まで痛くなってきた・・・(;-;)
そんな経験をした母乳ママも少なくないと思います。
授乳中に発熱する原因は風邪だけではありません。
授乳中の発熱の原因で多いのは乳腺炎です。

乳腺炎とは、授乳中におこる乳腺の炎症のことをいいます。
乳腺炎には、うっ滞性乳腺炎と化膿性乳腺炎の2つがあります。
うっ滞性乳腺炎は乳腺の中に母乳がたまることで痛みが出ることで、本当に炎症が起こっているわけではありません。
化膿性乳腺炎は、乳腺に細菌が感染するため、体が震えるほどの高熱が出たり、痛みが出ます。

乳腺炎や風邪に効果のある漢方についてはこちらで詳しく説明しています☆

母乳のしこりのほぐし方は?冷やすのは?葛根湯についても
母乳のしこりのほぐし方は?冷やすのは?葛根湯についても 母乳のしこりの再発防止のためにすぐ出来る対処法とは? この記事では、母乳のしこりのほぐし方をわかりやすく説明していきます。...

 

授乳中の風邪のときは?どうすればいい?

授乳中の風邪のときは?どうすればいい?

授乳中は風邪薬を飲むことはできないとあきらめているママはいませんか?
実は、授乳中でも安心して風邪薬を飲むことはできます。
しかし、市販薬はお勧めできません!

必ず産婦人科や耳鼻科、内科などを受診して授乳中であることを伝えてください。
授乳中でも必要だと判断されれば、授乳中でも安心して使用できる薬が処方されます。
処方された薬は、自己判断で量を増やしたり、途中で飲むことをやめたりせずに、処方された用量は必ず守ってくださいね(^^)
一度にたくさん飲んでも効果が出ないだけでなく、赤ちゃんとママも体に害になることがあるので注意しましょう。

ねね先生
ねね先生
 絶対に処方された薬の用量は守ることが大切よ!
自分の判断で内服を中断することもいけないわ!

処方された薬を自分でも調べたいママは、こちらのサイトを活用してみてください。
処方された薬を調べることができます。

国立研究開発法人 国立成育医療研究センター「授乳中に安全に使用できると考えられる薬」

 

妊娠中に風邪をひいたときはどうしたらいい?薬は飲めるの?

妊娠中に風邪をひいたときはどうしたらいい?薬は飲めるの?

妊娠中でも飲むことができる薬はありますが、必ず妊娠していることを伝えてください。
妊娠していることを説明したうえで処方された薬は赤ちゃんに影響することもありません。
処方された薬の用法・用量は必ず守りましょう。

そして、市販の風邪薬や解熱鎮痛剤は赤ちゃんに影響を及ぼす可能性があるので、自己判断で内服することは大変危険です!

岬(みさき)
岬(みさき)
 家にある市販の痛み止めや解熱剤もダメってことですか?
ねね先生
ねね先生
絶対にダメよ!
妊娠中だと伝えたうえで処方してもらった薬だけよ! 

 

今回のまとめ

今回は、授乳中に風邪をひいたときは何かを受診したらいいのかについて、授乳中の風邪で胸が痛いときの原因についてや対処法について、また、授乳中や妊娠中に風邪をひいたときはどうしたらいいのかについて説明しました。

妊娠中や授乳中に風邪をひいてしまったときでも安心して内服することができる薬があります。
妊娠・授乳中であることを伝えて、我慢せずに産婦人科や耳鼻科、内科を受診することをおすすめします。

また、授乳中に風邪をひいてしまっても、母乳から風邪が赤ちゃんにうつることはないので、授乳を中断しないようにしましょう。
授乳を中断することで乳腺炎になる可能性が高くなります。
そして、ママが手洗いうがいをしっかり行うことで、赤ちゃんに風邪がうつらないように予防していきましょう。

ABOUT ME
キリ
小学生の二児の母で助産師のキリです。 二人とも完母で育てることができましたが、なかなか大変でした。 助産師の経験上、母乳育児や子育ては大変だということは理解しているつもりでしたが、実際に育児をしてみると想像以上に大変で驚きました! 母乳や育児を毎日がんばっているママのお役に立てるような記事を書いていきたいと思います!