授乳クッション

授乳クッションランキングトップ5☆助産師もおすすめの人気商品をこっそり教えます♪

 

この記事では、授乳クッションを選ぶ時のポイントとその理由についてと授乳クッションのポイントをもとにした授乳クッションのランキングをお伝えします。

 

今までたくさん授乳クッションをご紹介した中で、人気でおすすめの授乳クッションを載せていますので、読んでみてくださいね^^

 

今までたくさんの授乳クッションをご紹介してきました。しかし、ここでは紹介しきれないほど授乳クッションはたくさん種類も商品もあります。

そのため、授乳クッションを一つだけ選ぶというのはとても大変ですよね。
そこで、授乳クッションの人気ランキングをお伝えします。

 

また、授乳クッションは肌触りや固さなどいろいろと違いがありますよね。それぞれの商品に違いがあって、特徴があるからこそ悩むのですが…。
そこで、授乳クッションを選ぶ時のポイントとその理由についても詳しくご紹介します。

 

ポイントをチェックして、使いやすい授乳クッションをぜひ選ぶ参考にしてみてください☆

 

 

授乳クッション人気ランキング5はこちら!

授乳クッション人気ランキング5はこちら!

今までたくさんの授乳クッションをご紹介したなかで、人気でお勧めの授乳クッションをランキング形式でご紹介します☆

その前に、授乳クッションを選ぶ時のポイントをご説明します。

この授乳クッションを選ぶ時のポイントを参考に授乳クッションの人気ランキングを作っているので、ぜひポイントから読んでみてくださいね♪

授乳クッションを選ぶポイントは高さと固さ、へたりにくさです

授乳クッションを選ぶポイントは高さと固さ、へたりにくさです

授乳クッションを選ぶ時のポイントは、

  1. 高さ
  2. 固さ
  3. へたりにくさ

その詳しい理由については次に書いてありますので、確認してみてください♪

 

岬(みさき)
岬(みさき)
この3つのポイントは大切なので、メモしておきますね^^

 

 

どうして授乳クッションを選ぶ時には高さと固さ、へたりにくさが大事なのか説明します!

どうして授乳クッションを選ぶ時には高さと固さ、へたりにくさが大事なのか説明します!

そもそも授乳クッションは何のために使うかというと、授乳中のママをサポートするためです。

授乳クッションを使うことで、正しい姿勢で授乳ができ、ママへの身体への負担を軽減することができます。

つまり、正しい姿勢にならなければ授乳クッションを使っていてもママの身体への負担を減らすことはできません。

正しい姿勢にならないものを使っていると肩こりや腱鞘炎などの原因になり、ママの身体に負担がかかってしまいます。

 

では、正しい姿勢になる授乳クッションとはどういうものなのでしょうか?

それは、適切な高さ(厚み)と適当な固さがある授乳クッションです。

ママにあった高さと赤ちゃんが適度に沈み安定する固さの授乳クッションが授乳中のママを正しい姿勢にサポートをしてくれます。

ここで気になるのは適切な高さとは?適度な固さとはどのようなものなのか?です。ママの身体はそれぞれ違いますよね。そこで、適切な高さも違います。

適切な高さと適度な固さについて詳しくは↓を見てみて下さい^^

授乳クッションは固め?綿の量は?追加するときの方法についても詳しく教えます☆
授乳クッションは固め?綿の量は?追加するときの方法についても詳しく教えます☆ 今回の記事では、授乳クッションが固めがよい理由と綿の量について、さらに、授乳クッションがへたってきたときの対処法についても詳しく...
授乳クッション!大きめ 小さめ 厚み 重さは?高さ調節についても
授乳クッションの大きめ小さめは?厚みや重さは?高さ調整についても! 授乳クッションの種類の中にはいろいろな大きさ、厚み、重さがありますが、それぞれどんな特徴があるのでしょう。 大きめ...

 

また、へたりにくさも授乳クッションを選ぶ時のポイントになります。

その理由は、授乳クッションは使っているうちにどうしてもへたってきてしまいます。

授乳クッションがへたるともともとは適切な高さのものであっても、へたった授乳クッションは厚みがなくなってしまって高さが合わなくなってしまうからです。

そのため、授乳クッションはへたりにくいものを選ぶと長く正しい姿勢で使うことができます。

どのようなものがへたりにくいのかは、↓に詳しく書いてありますので、合わせて確認してみてください☆

授乳クッションでへたらないのは?へたってきたら?空気を入れるものについても 授乳クッションは、1日に何度も授乳するためどうしてもへたりやすく、へたってしまった授乳クッションは厚みが無くなってしまいます…。...

 

授乳クッションを選ぶ時のポイントと理由をご紹介しました。授乳クッションを選ぶ時には授乳中のママの身体をサポートしてくれるということがポイントになります。

 

岬(みさき)
岬(みさき)
高さが合わないと使っていても意味がないとは知りませんでした(>_<)
ねね先生
ねね先生
授乳クッションは正しい姿勢で使うことが大切ということよ。
そのために高さと固さとへたりにくさの3つが大切ということね☆

 

 

授乳クッションランキング!今までの説明から選出したおすすめはこちら★

授乳クッションランキング!今までの説明から選出したおすすめはこちら★

次に授乳クッションを選ぶポイントをもとにおすすめの授乳クッションをランキングでお伝えします。

授乳クッションで人気のものや助産師さんがおすすめのものも併せてご紹介していきますので、授乳クッション選ぶの参考にしてくださいね♪

ランキング2位 hugmamu
hagmamuは綿が厚く、しっかりとしているなど高品質であることも魅力ですが。なんといっても、コスパの良さが魅力的です。
値段は2300円と手ごろでコスパも抜群です。
値段が安いからといって品質が悪いわけではありません。現に「厚みがあり、授乳しやすい固さ」との口コミが多数あります。また、「へたりにくい」とも口コミがあります。
丸洗いできるので、清潔に使いたい方にお勧めです。
大きさ 60cm×45cm
中身 綿
本体ある洗い
値段 2300円

 

ランキング3位 エルゴ

エルゴの特徴は他の授乳クッションとは違う独自の形状です。この形状は授乳姿勢にこだわって作られています。

また、固めでへたらないのもその特徴です。固めのものが好きな方にはおすすめです。

エルゴについて気になることを↓にまとめているので、ぜひ確認してみてください☆

授乳クッション エルゴはいい?使い方は?価格についても
授乳クッション エルゴはいい?使い方は?価格についても 今回の記事は、エルゴの授乳クッションの特徴と使い方、エルゴの授乳クッションの価格についてお伝えします。 人気のエル...
大きさ 58cm×35cm×15cm
中身 ポリウレタン
本体丸洗い 不可
値段 9000円

 

ランキング4位 dacco
daccoは、助産師さんとママの声から生まれたブランドであることが特徴です。
そのため、ママの声が反映させた授乳クッションとなっています。
品質もママの声に答えるように作られているので、「授乳クッションの中綿がへたにくく、繰り返し使っても崩れない」と評判です★
値段も2480円と手ごろでコスパがよいこともおすすめのポイントです。
大きさ 54cm×41㎝×16㎝
中身 綿
本体丸洗い ○可
値段 2480円

 

[jin-rank5]ランキング5位 青葉
青葉の特徴は、助産師さんが監修していて、高さが他の授乳クッションに比べて高いことです。
他の商品に比べてやや高めに設定されていますが、高すぎるわけではありません。赤ちゃんの背中側が高くなっているので、赤ちゃんとママの乳首の距離を近くし授乳しやすい設計になっています。
そのため、授乳姿勢が安定してママの負担を軽減してくれます♪
値段は少し高めですが、花柄などかわいい柄のものがあります。インテリアとしても使えるおしゃれな柄のため、見た目にもこだわりたい方におすすめです。
大きさ 50㎝×43㎝×25㎝
中身 綿
本体丸洗い 不可
値段 5940円

【ママ割5倍/最大47倍/クーポン獲得可/マラソン限定】授乳クッション 無地 イエロー 青葉 厚み へたらない 授乳 洗える カバー着脱 授乳ピロー 授乳まくら 抱き枕 骨盤枕 出産祝い ママ ベビー お昼寝クッション ワイド ラッピング ギフト プレゼント トコちゃんベルト

 

ねね先生
ねね先生
それぞれに特徴があるから自分に合う授乳クッションを選ぶことが大切よ。
岬(みさき)
岬(みさき)
ランキングも大切だけど、特徴を理解して選ぶ方が大切ということですね☆

 

今回のまとめ

 

今回は、授乳クッションを選ぶ時のポイントとその理由についてと授乳クッションのポイントをもとにした授乳クッションのランキングをご紹介しました。

 

授乳クッションを選ぶ時のポイントは固さと高さとへたりにくさです。
授乳クッションの高さはお母さんの身体に合わせたものを選ぶことが大切ですよ☆

 

授乳クッションの人気ランキングもご紹介しました。それぞれの授乳クッションに特徴があるので、自分に合うものをぜひ選んでみてくださいね♪

 

ぜひ授乳クッションを選ぶ時に参考にしていただけると嬉しいです^^