母乳育児

赤ちゃんの体重が増えないと新生児に影響が?気にしすぎは計算式で回避しよう!

この記事では、【赤ちゃんの体重が増えないと新生児に影響があるのか?赤ちゃんに必要な哺乳量がわかる計算式について】をご説明していきます。

この記事を読んで欲しい人

赤ちゃんの体重が増えていないかもと不安なあなた
✴赤ちゃんの体重が増えないとどんな影響があるのか知りたいあなた
✴赤ちゃんに必要な哺乳量の計算式について知りたいあなた

赤ちゃんと毎日一緒にいると、しっかり体重が増えているの?大きくなってるのかな?と不安になることもありますよね。

赤ちゃんは体重計に乗れないし、家族にもミルク足りてる?体重増えてないんじゃない?と言われてモヤモヤしたこともあります…

赤ちゃんの体重が増えてないかも、と思ったらどうしたら良いの?と心配になってしまいますが、この記事で体重が増えない原因や水分が足りていない時のサインについてお話ししていきます!
赤ちゃんが必要な水分をしっかり補えているのか、簡単にわかる計算式もあるのでぜひ最後まで読んでみて下さい♪

赤ちゃんの体重が増えない!原因は?

退院してから赤ちゃんの体重が増えていない気がする、そんな不安を抱えているママも多いですよね。
私も退院してから母乳を頑張ってみたものの、明らかに赤ちゃんの体重が増えていないな…と思うこともしばしば。
家族からも体重増えてないんじゃない?と言われて、すごく神経質になってしまった経験があります…。

そもそも、赤ちゃんの体重が増えない原因にはどんなものがあるのでしょうか?

①生理的体重減少

産まれたばかりの赤ちゃんは、生後数日間は一時的に体重が減少します。
これを、生理的体重減少と言います。
産まれて2-3日は赤ちゃんが飲む量に比べて、体から出ていく水分が多いために起こります。
通常は約1週間程度で出生体重に戻り、その後赤ちゃんの体重は増加していきます。

生理的体重減少では、出生体重の10%程度が減少するのが一般的なので、その程度の体重減少は心配しなくても大丈夫です♪

【出生体重3000gの場合】
 体重の10%は300gなので、2700gくらいまでは体重減少が起こります
ねね先生
ねね先生
体重減少率はあくまでも目安よ♪
排泄や栄養状況でも体重の減少率や増加のペースは変わってきます。
②母乳・ミルク量が少ない

産まれてすぐの赤ちゃんは、母乳やミルクをうまく飲むことができません。
飲んでいる途中で疲れってしまって寝てしまうため、必要量を飲めずに体重が増えていない可能性があります。

③エネルギー消費が激しい

産まれてすぐの赤ちゃんでも、よく泣いたり、手足を動かしたりと意外とエネルギーを使っています。
寝返りもできるようになると活動量は著しく増加していきます。
そのため、よく飲んでいるはずなのに体重がなかなか増えない…ということもあります。

④病気の可能性

風邪などの病気が原因で、赤ちゃんが母乳・ミルクを思うように飲めない時は体重が増えにくいです。
また、先天性心疾患などがあると飲んでるうちにすぐ疲れてしまい、必要量が飲めずに体重が増えないことがあります。
ミルクを飲んだ後に噴水のように吐いてしまったりする場合も病気の可能性があるため受診が必要です。

赤ちゃんの体重は新生児も同じように増える?新生児は特に注意が必要!?

赤ちゃんの湿疹で食事に注意が必要な時って?どんな時?

赤ちゃんの体重増加の目安は以下のようになっています♪

体重増加の目安
生後1カ月まで 30~50g/日
生後1~3カ月 25~30g/日
生後3~6カ月 15~20g/日
生後6~9か月 9g/日
生後9~12カ月 8g/日

 

詳しくは、こちらのブログも参照してみてください↓

母乳の体重増加の目安は?増加率は?身長と体重のバランスについても!
母乳の体重増加の目安は?増加率は?身長と体重のバランスについても!この記事では、母乳の体重増加の目安についてや、母乳の体重の増加率、さらには体重と身長のバランスについても詳しくご紹介します。 ...

新生児期の体重増加は他の時期に比べて変化が大きくなっていますね。
だからと言って、毎日30gずつ増えないといけないかというとそうではありません。

新生児期は特に、排泄の有無や授乳のタイミング、いつ体重を測ったかによっても結果が大きく変化します。
もし、お家で体重を測るときは毎日午前中に測るなど、決まったタイミングで測ると変化がわかりやすいです。

ねね先生
ねね先生
体重の増加だけでなく、赤ちゃんの様子もしっかり観察することが大切ね♪

体重の測り方については、こちらのブログを参照してください↓

赤ちゃんの体重の増加は?測り方は?母乳とミルクでは?違いについても!
赤ちゃんの体重の増加は?測り方は?母乳とミルクでは?違いについても!この記事では、赤ちゃんの体重の増加をチェックする理由や、赤ちゃんの体重の測り方、さらには母乳とミルクでの体重の違いがあるのかについても詳...

赤ちゃんの体重が増えないと影響はあるの?気をつけたいポイントは?

受診した方がいい場合は?どんな時?

赤ちゃんの体重の増え方には個人差が大きいので、体重があまり増えないからと言って心配しすぎる必要はありません。

栄養が母乳とミルクどちらなのか、排泄の状況などによっても体重の増加のスピードは変わってきますので、一概には言えませんが、赤ちゃんが機嫌よく、活気があれば基本的には心配はいらないです。

ただし、体重の増えがイマイチで赤ちゃんもなんだか元気がない…という時は何か病気が隠れている可能性もあるので、ママが何かおかしいと思った時は必ず病院を受診しましょう。

岬(みさき)
岬(みさき)
赤ちゃんがいつもと変わらず元気かどうかも大事なポイントですね♪

赤ちゃんの体重は気にしすぎてもダメ?気をつけたいサインはこれ!

栄養ドリンクの注意点3つ☆

母乳・ミルクが足りていないのかな?という時には、これらのサインを確認してみてください♪

母乳・ミルクの量が足りているサイン

・おしっこの回数が1日6回以上出ている
・うんちが1日1回以上出ている
・赤ちゃんの機嫌がよく、活気がある

母乳・ミルクの量が足りていないサイン

・おしっこが少量で濃い色をしている
・母乳、ミルクを飲んだ後すぐに欲しがる様子がある
・飲んだ後も機嫌が悪い
・ぐったりしていて活気がない

これが全てではありませんが、目安として覚えておいて下さい♪
うんちに関しては、元々便秘がちな子もいるので、入院中から排泄の様子をしっかりみておくとお家に帰ってからもわかりやすいと思います。

赤ちゃんの体重の計算式って?1日に必要な量はどれくらい?

赤ちゃんの体重を正確に知るのに一番簡単な方法とは?

基本的に、赤ちゃんに必要な哺乳量は以下のようになっています♪

生後の日数 1回当たりの哺乳量(母乳を飲ませる目安量)
新生児(7日目まで) 【産まれた日齢×10cc】 ~ 【産まれた日齢+10cc】+10cc
新生児(8日目~1ヶ月目まで) 80~120cc
生後1ヶ月目 140~160cc
生後2ヶ月目 160~200cc
生後3ヶ月目 200cc
生後4ヶ月目以降~ 200~220cc

詳しくは、こちらのブログも参照してみてください↓

母乳の一回量は?平均は?少ないときの対処法も!目安を表にまとめました☆
母乳の一回量は?平均は?少ないときはどうすればいいの?【1回分の哺乳量の目安を表にまとめました☆】 母乳育児をしていると、赤ちゃんがしっかりと飲めているのか不安になりませんか? 私は最初の母乳育児のとき、とても不安がありま...

赤ちゃんに必要な哺乳量は1kgあたり100−200mlと言われています。
生後1ヶ月までの赤ちゃんの場合は、1kgあたり150mlを目安にします♪

【出生時3000gの赤ちゃんの場合】
3.0(kg)×150(ml)=450(ml)
1日あたりに必要な哺乳量 → 450ml
1日8回授乳の場合に1回に必要な哺乳量 → 約56ml
→ 1回の授乳にあたり約50-60mlを目安に授乳する

以上のように計算していきます。
小さく産まれた赤ちゃんなど、産院で哺乳量を増やすように言われている赤ちゃんはこの通りではありませんが、ほとんどの赤ちゃんはこの計算式に当てはめてもらえれば良いと思います♪

ここで大切なのは、1回の哺乳量ではなく1日の哺乳量です。
毎回この通り飲まなくてはいけないわけではありません。
1日を通してこの哺乳量を確保できれば大丈夫なので、昼間は寝がちで飲んでくれなくても、その分夜の量を多くするなど、臨機応変に調整してもらって良いです♪

まとめ

赤ちゃんの体重の測り方は?どうやるの?

今回の記事では、【赤ちゃんの体重が増えないと新生児に影響があるのか?赤ちゃんに必要な哺乳量がわかる計算式について】をご説明してきました。

ここに記載していることはあくまで目安なので、心配な時は自分だけで判断せず、必ず産院やかかりつけの小児科の先生に相談しましょう。
母乳外来では、赤ちゃんの体重チェックだけでなく母乳をどれくらい飲めているかも一緒に見てくれるので、近くでやっているところを探してみても良いですね。

赤ちゃんの体重が増えているかな?足りているかな?と思った時は、赤ちゃんからのサインをしっかりキャッチして判断してみて下さいね♪